フェイスリフトでエイジングケア|年齢に負けない肌になろう

レディー

手術を受ける流れ

鏡を見る中年女性

お風呂に入るときやお化粧をするときに鏡で自分の顔を確認しますが、若い頃に比べてシワやたるみがあることに気づいて愕然とする女性がたくさんいます。毎日スキンケアを行なって肌を守っているつもりでも、年齢を重ねると徐々に顔が老けこんでいってしまうので、年齢に合わせたエイジングケアはとても大切です。特に30代になると女性ホルモンの分泌量が減り、肌の潤いやハリが保てなくなるので普通のスキンケアだけでは不十分なのです。顔のたるみに気がついたら早急に美容外科でフェイスリフトを行なうべきですが、手術を受ける前に肌の状態をセルフチェックしてみましょう。頬の毛穴が目立つ、口角が下がる、目の下に影のようなクマができるなど、肌がたるむと様々なトラブルが起こるので、フェイスリフトを受けるための基準として確認するべきです。また、顔のたるみは輪郭だけに起こるわけではなく、口元や目元、首元にも現れ、老けて見える原因となってしまいます。その中でも特に目元のたるみを気にしている女性が多く、美容外科でフェイスリフトの施術を受けています。美容外科で施術を受ける際、まずはカウンセリングを行ないます。病院によっては個室でカウンセリングを行なうのでデリケートな悩みでも気軽に相談できます。カウンセリングをするときは問診票に体の状態などを記入していきますが、今後の施術を考えていく基準となるので正直に書いていきましょう。また、カウンセリングを行なうのは医師ではなくカウンセラーの可能性もあります。

フェイスリフトのカウンセリングをした後は手術の日程を決めていきますが、カウンセリング当日に手術を勧めてくる病院も中にはあるので、流されないように気をつけましょう。また、自分の都合の良い日に手術をすることが決まったら、当日に向けて心の準備を整えておきましょう。初めて手術をするときはカウンセリングを受けても不安を感じるはずですが、術後の自分を想像すれば自然と手術に対して前向きになれるでしょう。基本的に、当日はいきなり手術を開始するのではなく、もう一度カウンセリングを行なって、現時点で抱えている不安や疑問を解消していきます。このカウンセリングの段階でお会計をすることになりますが、支払い方法は現金やクレジットカード、銀行振込などが用意されているので好きな方法を選びましょう。約一時間程のカウンセリングが終了するといよいよフェイスリフトの手術が開始されますが、事前にお化粧を落としたり、コンタクトを外しておきましょう。手術を行なうときは局所麻酔をするのでほとんど痛みは感じません。術中に寝ても特に問題はないので、リラックスして手術に臨みましょう。フェイスリフトの手術時間は内容によって変化しますが、およそ2時間から5時間程かかります。