フェイスリフトでエイジングケア|年齢に負けない肌になろう

ウーマン

手術を受ける流れ

鏡を見る中年女性

美容外科でフェイスリフトの手術をするときは事前にカウンセリングを行なうので、不安や疑問があれば積極的に質問しましょう。また、手術時間はおよそ2時間から5時間程かかりますが、術中は痛みを感じません。

詳細へ

美容外科の選び方

カウンセリング

フェイスリフトをする病院を探すときは、ランキングサイトや個人ブログを使って人気の美容外科を調べましょう。また、ウェブサイトで情報収集をするときは費用や医師の経歴、アフターフォローについて確認します。

詳細へ

たるみを改善する

整形

若い頃は特にスキンケアをしなくても十分ハリのある肌を維持することが出来ますが、年とともに女性ホルモンが低下したり、加齢によって代謝が落ち、皮下脂肪増えることで肌がたるんでしまいます。そのため、十代が終わる頃には年齢に合わせた正しいスキンケアをする必要がありますが、四十代や五十代になると日頃のスキンケアでも肌の状態を保つことが難しくなります。今はエイジングケア用の化粧品も数多く販売されていて、それを使いながらたるみやシワを解消しようと努力していますが、確実にエイジングケアをしたいのなら美容外科でフェイスリフトをしましょう。美容外科では女性のニーズに合わせて様々な整形メニューがありますが、フェイスリフトは非常に人気のあるメニューで、施術を受けると嬉しい効果が得られます。まず、美容外科で顔のたるみを解消する施術をすると、セルフケアやエステに通うよりもたるみ改善の効果を早く実感出来ます。さらに、手術の回数も一回で十分なので追加費用などがなく、長期スパンで考えるととてもリーズナブルなエイジングケアです。また、整形手術を受けると効果を持続させるためにアフターケアをしなければいけませんが、フェイスリフトは術後のメンテナンスが必要ないので体にかかる負担も少なくなります。他にも、自然な仕上がりになるように手術を行なうので、周囲に整形を受けたことが気づかれません。比較的腫れや痛みも少ないので、初めて整形をする人でも安心して施術が受けられます。

美容外科で行なわれるフェイスリフトの施術方法は4つあります。1つめが注射や点滴で改善を行なう注入療法です。ヒアルロン酸やボトックス注射を使うので、施術にかかる時間も短いですし、普通の注射とほとんど変わらないので傷口も目立ちません。注入療法で使われる成分は体内に吸収されやすいので効果がすぐに切れてしまいますが、定期的に注入することで美容効果を長持ちさせることができます。次に高周波やレーザーによる治療です。体内で生成されるコラーゲンを刺激して働きを活性化させて肌のハリを取り戻すという方法なので、基本的に切開をせず、仕上がりも自然になります。ダウンタイムが少ないのですぐに日常生活に戻ることができます。3つめがメスを使った施術方法ですが、この施術が最も高い美容効果を発揮します。肌の一部を切開して皮膚を正しい位置に戻すのですが、最近は医療技術が発達しているのでほとんど傷口が目立ちません。最後に針や糸を使った手術です。近頃は糸を使った施術方法が主流となっていて、糸を埋め込んだり、引き上げたりして皮膚のたるみを改善していくので、人によっては違和感を感じます。問題なく手術を受けたいのなら医師選びをしっかりと行ないましょう。

肌も生活も潤います

頬を触る女性

エイジングケアの1つとして注目されている方法がフェイスリフトです。切る方法と切らない方法がありますが、どちらを選んでも十分な若返り効果が実感できます。美容外科で施術を受ければその後の生活も充実するでしょう。

詳細へ

失敗しないコツ

注射

美容外科でフェイスリフトの手術を受ける人がたくさんいますが、中には手術に失敗して皮膚の引きつれや耳の変形などの症状が現れる人もいます。失敗しないためにも病院選びや手術方法の選択は慎重に行ないましょう。

詳細へ